こだわりの家づくり

家は、家族のしあわせの箱

どこの住宅メーカーさんも工務店さんもそれぞれに
「こだわりの家づくり」というものをお持ちだと思います。
私たち、穴井工務店のこだわりはただひとつ。
「お客様の夢の実現を全力でお手伝いする」ということ。
家とは、家族の健康と繁栄のための場所。
その「しあわせの箱づくり」を応援したい。それが一番のこだわりです。


そして、この先何年・何十年と快適で楽しいな生活を
送って頂きたいと願っています。

代表取締役社長穴井幸一郎

穴井工務店がお勧めするのは、高気密・高断熱の家。

気温差が大きく、夏は湿度が高く、冬は底冷えがする。そんな北部九州では年間を通じて空調の必要性があります。家全体を効率よく、快適な温度に調整しやすい。それを実現できるのが高気密・高断熱の家だと、私たちは考えています。 多くのお客様が、実際に高気密・高断熱の家にお住まいになって、こう言ってくださいます。 「こんなに夏が涼しく、冬があったかいと思わなかった!」

年齢を重ねるほど、涼しさ温かさの快適さを実感できる。そんな気持ちの良い暮らしを提案させていただきます。

高気密・高断熱の家をお勧めする理由
機密性が高く内部の温度を保持できる「高気密・高断熱の家」。例えるなら魔法瓶。暖めた空気や冷やした空気が屋外に逃げていかないので、室内温度のロスが少なく、家全体を快適に保つことが容易です。また、わずかなエネルギーで快適空調をキープ出来ますので、エアコン一つで大きな吹抜けやワイドな設計の住空間も快適に過ごせます。
省エネ、建物自体の耐久性の保持にも優れ、その価値を保ち続けます。
あるお客様がこんな風に言って下さいました。
「年をとると、冬暖かい家のありがたさが本当に良く分かります!」

高気密・高断熱の家の特徴

ANAI HOUSEが追求する心地よい家のために。

家が呼吸する「クール暖」
全く新しい冷暖房システム「クール暖」は、風を必要としません。 夏は冷水、冬は温水を循環させ、放熱パネル部からふく射波を放射する全く新しい発想の冷暖房システム。 またふく射波は空間全体に行きわたるので家中どこでも温度差なし。家自体が呼吸するように湿度を調整する機能を持っていますので、 この「クール暖」を採用することで、これまでにない静かでクリーンな室内環境を実現。それは、初めて出会うような気持ちよさです。

家が呼吸する「クール暖」

内壁と外壁が「呼吸して湿度」を調整
熱交換型換気システムを設置。空気清浄をしながら、夏なら外気を少し冷やして、冬なら少し温めて室内に取り入れます。 つまり家全体が常に換気していながら、室温が一定に保たれているのです。 また室内の壁には珪藻土塗装を、壁内の断熱材にはセルロースファイバーを、外壁には無機塗料をそれぞれ採用。 出来る限り天然の素材を用い、高い断熱性能を発揮しながら、室内の湿気を吸収したり放出できる家となっています。

高気密・高断熱の家の特徴

良いスタッフ、良い技術、良い設計。

もちろん、高気密・高断熱は特色の一つ。手段のひとつに過ぎません。穴井工務店では、「良いスタッフ」と「良い技術」と「良い設計」の3つ全ての面でご満足いただける家づくりを心がけています。

良いスタッフとは、人材育成に力を注ぎ、真摯にお客様の声に耳を傾け「あなたにお願いしてよかった」と言って頂けること。
良い技術とは、協力会社も含めすべての施工で長年のノウハウを活かし末長く家の健やかさを見守っていける体制を持っていること。
良い設計とは、常識や施工例にとらわれず、お客様の夢や理想を
出来る限りカタチにする情熱とアイデアを持っていること。

この3つが揃って初めて、しあわせの箱づくりが実現すると考えています。

良いスタッフ、良い技術、良い設計。

私たちが夢や理想をカタチにするお手伝いをします。

オリジナルのニーズにお応えします。

「こんな暮らしがしたかった!」
と喜んでいただけるプランを目指して。

家を建てたいとお考えのお客様のほとんどが、漠然としたイメージはお持ちでも、具体的に「こんな家」というはっきりしたプランをお持ちではありません。
私たちは豊富な施工事例集などを用いて、お客様の理想の家を着実にカタチにしていく提案を心がけています。お話をする中で、ライフスタイルや大切にしていること、家族への想い立地や周辺の自然など、さまざまな要素を考慮しオリジナルのプランを練り上げていきます。お子様の好きなこと、ご主人の趣味。小さなことでもご相談ください。「そうそう、こんな暮らしがしたかった!」と喜んでいただけるプランを目指します。

オリジナルのニーズにお応えします。

オリジナルのニーズにお応えします。

価値のある家、長く住める家、子供へ残せる家。

家を建てるということは、その後30年~50年もの時間を、そこで過ごすということ。この家にしてよかった。と言っていただくためには、性能が良いことは不可欠。さらには、美しく、周囲の環境と調和し、愛着が感じられる家でなければならないと考えています。

30年・50年経った時でも、恥ずかしくない家。財産として残せる家。
その思いも忘れないようにプランニングしています。
また、CO2排出に考慮した省エネや自然に配慮した住まいなども今後さらに強化していくつもりです。
実際、親子2代で家を建てて下さるお客様も多く、地場企業として、今後も努力を続けたいと思いを募らせています。

価値のある家、長く住める家、子供へ残せる家

ページのトップへ

(c) ANAI HOUSE All rights reserved.